住宅改修・福祉用具の販売及びレンタル HOME > 福祉用具 販売・レンタル、住宅改修

介護保険適用の福祉用具と住宅改修とは?

福祉用具をご購入する場合

介護保険を利用すれば、年間10万円まで該当する商品を1割負担の償還払いで購入することができま
す。10万円を超える部分は自己負担となります。
● 腰掛便座 ● 特殊尿器
● 入浴補助用具 ● 簡易浴槽
● 移動用リフトのつり具の部分  

詳しくはコチラ

福祉用具をレンタルする場合

介護保険では新たに購入することなく、車いすなどのレンタルサービスを受けられます。
利用者の自己負担は各事業者の提供している金額の1割です。
● 車椅子 ● 車椅子付属品
● 特殊寝台 ● 特殊寝台付属品
● 褥瘡予防用具 ● 体位変換器
● 手スリ ● スロープ
● 歩行器 ● 歩行補助杖
● 痴呆性老人徘徊感知器 ● 移動用リフト(つり具の部分を除く)
● 6輪歩行器(歩行器) ● 立ち上がり座椅子(移動用リフト)
● 移動補助具(特殊寝台付属品) ● 入浴用リフト(移動用リフト)
● 段差解消リフト(移動用リフト)  

詳しくはコチラ

住宅を改修する場合

介護保険では、家庭内での安全を確保する目的に限り、住宅の改修を行えます。
20万円以内で、利用者の自己負担は費用の1割です。
● 手すりの取り付け ● 段差の解消
● 滑りの防止及び移動の円滑化等のため
   の床又は通路面の材料の変更
● 引き戸等への扉の取替え
● 洋式便器などへの便器の取替え ● その他、前各号の住宅改修に
   付帯して必要となる住宅改修

詳しくはコチラ

商品のご注文について

介護保険を利用すれば福祉用具が
一割負担で購入レンタルできるほか住宅改修も行えます。

「福祉用具を使いたい」と思ったら、私たちにご連絡ください。

ご契約 ご購入・レンタル・住宅改修 ご利用開始