住宅改修・福祉用具の販売及びレンタル HOME > 福祉用具 販売・レンタル、住宅改修 > 住宅を改修する場合

住宅を改修する場合

公的介護保険の上手な活用でもっと安全な暮らしを。

介護保険制度は高齢者や介護を必要とする方を支える制度です。加入者は必要なサービスを、原則として1割の自己負担で利用できます。また「要支援」「要介護」の認定を受けた方が安全に生活をするために行う住宅リフォームも、工事内容により、介護保険が適用されます。

公的介護保険が適用される住宅改修の詳細は。

1.手すりの取付

・要介護者の転倒を防止するため、移動や移乗できるようにするための手すり設置工事

2.段差の解消

・段差を解消するための引き戸レールや敷居の変更工事
・スロープ設置工事
・水まわりの床のかさ上げ工事

3.滑り防止・床材の変更

・移動の円滑化のための床材の変更や滑りにくい資材への変更(フローリングや固い床材など)

4.引き戸への扉の取り替え

・開き戸から引き戸や折れ戸、アコーディオンカーテンへの変更工事
・力のいらないドアノブなどへの変更工事
・戸車(戸の開閉をスムーズにするための車輪)の設置工事

5.洋式便器等への便器の取り替え

・和式便器から洋式便器への変更工事
・便器の高さを変更する必要がある場合の洋式便器の取替工事

6.その他

・その他1〜5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修です。
 下地の補強や便座の取り替えにともなう給排水工事などの工事


@支給方法 要支援〜要介護5と認定された方で、在宅で生活し住宅改修が必要とされる方。

A利用限度額 現住居につき20万円でご利用者負担額は1割です。

※転居した場合、要介護が3段階以上進んだ場合は、再度20万円限度で利用できます。

・お支払い方法は償還払いです。市区町村に申請後、9割の払い戻しを受けるものです。
・自治体ごとに介護保険以外の住宅改修助成事業を行っている場合があります。
・介護保険の対象にならない改修もあります。

●お申し込み方法

 ホームページのお問合せフォーム又は、お電話にお問合せ下さい。

●支給の流れ

支給の流れ

介護リフォーム 施工事例

車椅子用段差解消機
お施主様が、ご不自由な事もあり車椅子での移動が多いため、玄関の段差に不便を感じて、スペースをとらない土間に埋め込みタイプの段差解消機を設置しました、車椅子に乗ったまま、段差40cmの高低差を移動出来るようになり、スムーズに外出できるようになり大変お喜びをされています。

Before
施工例 After
[25.3.27]
■トイレのドアを片引戸に変更した場合!
ドアを引戸に変更することで、力の必要なドアノブが無くなり握力がなくても開け閉めが楽にできる様になり、出入りの苦労が軽減されます。
Before
施工例 After
 
■屋外に出る段差を解消する為にステップ台を設置!
マンションの1階部分のお宅で、裏庭に出る掃出し部分の段差解消にシンプルで目立たないアルミ製のステップ台を設置、固定する為に土間はコンクリート打ちが必要になります。介護保険適用です。
Before
施工例 After
 
■玄関の段差を解消する為に上がり框用手摺の取り付け!
ご利用者様に合わせて手摺の高さを調整できます。
段差を上がりきったとき、下がりきったときに身体を支えやすい水平部分がある手摺です。
Before
施工例 After
 
■浴槽出入りの為にL字型ステン手摺を取り付け!
浴槽の脇に浴槽へ出入りする腰掛スペース部分にオーダーのステンレス製手摺を取り付け、浴槽内での立ち座りや浴槽からの出入りに使用します。
Before
施工例 After
 
■廊下の出入り口に可動式手摺の設置!
扉などがある開口部分でも、可動式手摺を導入することで連続した手摺で安心して移動が行なえます。また手摺の高さや握りの太さなどを利用者さんに合わせた施工が必要です。
Before
施工例 After
 
■トイレでの立ち座りサポートに手摺を取り付け!
L型の手摺を設置する事で便座への立ち座りの動作がらくになります。
また横手摺は便座に座っているときの座位姿勢を安定させることができます。
Before
施工例 After
 
■居室との段差に三角スロープを設置する事で段差を解消!
廊下と寝室(和室)の段差を解消する為にスロープを設置、固定する事により介護保険の住宅改修工事が適用になります。既製品でも良い商品が沢山ありますが、現場での微妙な寸法で合わない場合があります、元気では全てオーダー加工して、高さや幅・勾配・材質や色なども現場に合わせた施工をしています。
Before
施工例 After
 
■浴室のドアを折れ戸に変更!
浴室の出入りが不便になり、危険性もあるのでドアから折れ戸に変更しました。ドア本体のみを撤去し、枠は残したままアルミを加工したカバー工法にすることで、工事も半日で費用も安く改修できます、介護保険の適用が受けられます。
Before
施工例 After
 
■階段(踏み板)に滑り止めを設置!
階段がカーペット仕上げをしている為滑りやすく転落の危険性があった為に。段板にアルミ製の滑り止めを取り付けて、壁には手摺を設置することで安全に上り下りが出来ます。
Before
施工例 After
 
■和式トイレから様式のトイレに変更!
和式便器と小便器に分けてあった狭いトイレ室の壁を撤去して広さを確保した例。床はアンモニヤや汚れに強いサニタリー用フロアーを使い、腰壁は防水パネル材を使う事で水こぼれの心配も有りません。介護保険での改修工事です。
Before
施工例 After
 
■屋外に手摺取り付けと段差の解消に土間をコンクリートに!
車庫から建物に行くまでには、車庫と庭の段差で階段があり、また門扉も取り付けてありました。
庭のアプローチは飛石が敷いてあり転倒の可能性もあり危険でした。
Before
施工例 After
車庫部分には、車椅子で自走出来る勾配の長さでスロープを造り、門扉も撤去し車椅子が通れる幅を確保して、車庫と庭の段差をスロープで解消しました。庭の飛石も撤去してコンクリートで仕上げ、歩行時も安心な連続手摺を両側に設置しました
 
■門廻りのアプローチ部分の段差をタイルを貼って段差解消!
通路の両側は綺麗に石積みをしていて、土間は門から玄関まで飛石を敷き、家を建てられた頃はデザイン性を重視して造った庭やアプローチですが、年齢と共に使い勝手の悪いものになりました。
Before
施工例 After
転倒の原因になる飛石は全て撤去して、車椅子の通行も可能な幅を確保したタイル貼りしました、コンクリートと違い少し施工費が上がりますが、庭の雰囲気に合わせたいとの事でタイルで仕上げ、また疲れた時には通路の石積に腰を下ろして休める様に庭の木も剪定しました。
 
■板貼りの床にタイルカーペットを敷いて段差を解消! 
床の段差解消で下地材で高さ調整をして仕上げにフロアー材で仕上げるのが一般的に多いのですが、今回は仕上にタイルカーペットで仕上げました。
Before
施工例 After
写真は一部ですが、玄関・廊下・台所・寝室も全てタイルカーペット仕上げにしました、タイルカーペットの利点は足ざわりが良く冬場などは冷たくなりにくいので素足でも過ごせます、また一枚が50cm正方形で汚れても一枚だけ張り替える事が可能です。
 
■玄関の中と外の段差が危険で手摺を設置!
外部の玄関ポーチ階段と、内部廊下とポーチ段差解消の為に手摺を設置しました。
端に取り付けず、中央に取り付けた理由は下りる時も、上る時も利き腕で掴む為に中央にしました。
Before
施工例 After
内部は木製の手摺を床固定用を使い、外部はTOTO製の外部手摺、季節を問わず握り心地のよい軟質樹脂を使った商品、夏の日差しにも熱くなりにくく、冬場でも冷たくなりにくい仕様です、また将来的に高さが合わなくなっても調整が出来る様になっています。
介護保険で改修しました。
 
■歩きにくい通路の障害物を撤去して土間をコンクリートに!
ご主人の足が悪くなり、歩行する際に飛石の段差が危険になってきた為、飛石も盆栽の棚も全て撤去してコンクリート打ちにしました。
Before
施工例 After
また奥さんも車いすで週に一度デイサービスに出かける時も安全に通れる幅の1.3m幅を確保しました、コンクリトーは滑りにくい刷毛引き仕上げにしました。介護保険が適用になり一割負担で出来ました。
 
■システムキッチンを車イス仕様のものにお取り替え! 
車いすが必要な状態になり、今まで使っていたキッチンでは高すぎて勝手が悪く使えないので車いす対応のキッチンに取替をしました。利用者さんの使いやすい高さに合わせて、73cm〜85cmの間で1cmきざみで選択することが出来ます。またひざの入るフロアユニットとシンクは浅いタイプを選びましたので作業がしやすいです。
Before
施工例 After
また安全で楽しく料理できるIHクッキングヒーターに取替えました。火がないから、吹きこぼれても立ち消えの心配もありません。食器洗い乾燥機も組み込み、深夜電力を利用して家計にも優しいです。水栓金具は座ったままでも楽に開閉が出来る先端開閉式水栓にしました。
介護保険と障害者助成金を利用して工事をしました。
 
■浴槽に出入する為の手摺を取り付け! 
浴槽をまたいで出入りする際は、身体のバランスをくずしやすく不安定な状態となります。
浴槽の縁の真上に縦手摺を設置すると、身体を支えてくれるので安全に出入りすることができます。
Before
施工例 After
 
■脱衣室の片引き戸を引き込み戸に変更!
車イスが余裕をもって通れる開口幅は800cm以上が必要です、通常は片引き戸で十分開口幅は確保出来ますが、このお宅の様に引き込み幅が確保出来ない場合はこの様なドアに取り替える事により開口幅を広げる事が出来ます。
Before
施工例 After
この引き込み戸はTOTOのバリアフリー商品で、歩行時も立ち位置を変えずにドアを開け閉めできます。
ドアの前出が少ないため、狭い廊下でも通路幅を確保でき、また内部の有効スペースも広くなり、歩行も車イスもに余裕をもって開閉できます。
この他に開口幅を広げる商品や開閉が楽になる商品など有りますのでご相談下さい。
 
■車イスで家から外に出入りする際の段差を解消する昇降機!
車椅子に乗ったまま、お庭からお部屋へ移動出来る段差解消(車いす用電動昇降機屋外用)購入もレンタルもどちらも可能です。
昇降範囲は6.5Cm〜65Cmまで可能です。
写真は直進乗り込み仕様ですが、L字仕様もあります。
Before
施工例 After
車いすに乗ったまま手元でリモコン操作が出来るので、とても簡単、安全装置もついているので安全に段差を車椅子移動する事が出来ます。
取り付けに必要な土間コンクリートはスロープ工事と併用すれば住宅改修で出来ます、電動昇降機はレンタルがお勧めです、約(月額使用料は¥2.200円程度です)。
 
■主寝室の押入れを改造して新たにトイレを新設!
どうしても頻繁に使う所がトイレです…。ほとんどのお宅が主寝室から離れた場所にある事が多い様です。寒い時期などは一日に何回も行くトイレ。高齢者や障害をもつ方はトイレまで行くのが大変です。
Before
施工例 After
このお宅では主寝室の押入れを改修して、専用のトイレを造りました。主寝室と隣接しているため冬場も温度差が少なく寒くありません、又水洗トイレで換気扇も設置してありますので匂いもありません。出入り口の片引き戸はフラッターレール使用で指一本でも開閉できる軽さです。照明器具は人の気配を感じて作動する人感センサーを取り付け、面倒なスイッチの入り切りや消し忘れに便利です。本人様の動線に合わせて便器やリモコン、手摺リなどの設置位置を本人様にお立会いしてもらい使いやすい位置に取り付けをしています。
 
■主寝室の床材を畳からフローリング貼りに変更!
車いすで移動したり、ベットを設置したりするのに畳敷きでは、消耗や汚れを考えるとフローリング貼りにするのがお勧めです。お手入れも簡単ですし、歩行や車イス移動もスムーズです。また靴下を履いての歩行時に滑らない床材もあります、転倒防止になる商品です。
Before
施工例 After
色や柄は好みもありますので、施工前に色見本サンプル等で確認して頂いて、好み合ったものを選んで頂いて施工に入ります。又部屋と廊下の段差などたとえ小さな段差でも高齢者にとっては事故の元、スロープなどを設置して転倒事故防止、車イス利用もご自宅で活動的に過ごせます。
介護保険の段差解消工事で住宅改修で出来ます。